FC2ブログ

●2011年12月某日/大阪再開発を歩く〜北ヤード編〜

  • 2012/03/29 20:38
  • Category: 大阪
12umedatop.jpg
恒例の大阪再開発巡り。
昨日は阿倍野近辺を徘徊し本日は梅田の北側に広がる旧「北ヤード」へ。
昨今「うめきた」と呼ばれるようになったこの場所、
自分的には慣れ親しみどこか無骨さを感じる「北ヤード」と呼びたい。
10年遅れてやってきたバブルのごとくすさまじい勢いで進む再開発地区を
見学すべく阪急電車へ乗り込んだ。



1112osakaumeda02.jpg


淀川を越えると梅田一歩手前の阪急中津駅で降りる。この駅で降りるのは今回が初めて。

ホームに足を下ろしたとたん、淀川からの寒風が身を包みこんだ。
満員の電車から中津駅で降りた乗客は自分ただ一人、隣に大ターミナルを有する駅とは思えないまるで無人駅のようなの寂しさ。薄暗い蛍光灯がともる無人の狭いホームを特急、準急が轟音とともに通過していく。上り下りが同時に通過すると双方からの衝撃波で体が揺れる。恐ろしい。



日没後に発生する紫がかった冬空。そんな薄暮の光景を背景にビル群を撮ろうと考えていたものの、到着時雲量が増えてしまい、いまいちな空。
とはいえ梅田新市街と淀川、そして北ヤードに挟まれたこの狭い三角地帯は非常に魅力的だった。

1112osakaumeda04.jpg
1112osakaumeda06.jpg
1112osakaumeda05.jpg


再開発から取り残されたかのような古びた町工場。ホームレスが眠る高架下。停車する貨物列車。そしてその背後に立ち並ぶ巨大なグランフロント大阪建設現場。旧市街の彼方に威圧するようにそびえる新市街といった光景を眺めることができる。時折通過する列車の明かりが薄暗い町を一瞬染めていく。

1112osakaumeda01.jpg


それにしても今日の大阪、寒波の影響で非常に寒い。うっかり手袋も忘れてしまい、素手でカメラに触れるとあまりの冷たさにぞっとする。一体を徘徊し再び寂しい中津駅へ戻った。早く暖房が効いた電車に乗り込みたいもの。しかしよく考えれば中津駅にやってくる電車のほとんどは通過、停車する一向に現れない。こんなことならば一駅分歩き梅田から乗るべきだった。


1112osakaumeda03.jpg


淀川からの寒風が容赦なく吹き抜ける薄暗いホームから、通過する電車内の暖かそうな乗客に目を奪われながら到着を待ち続けた。

[了]



スポンサーサイト



Pagination

Utility

プロフィール

hou2san

Author:hou2san
●なにかあれば
下記メールフォームで。↓
場所を教えろよなんてことでもいいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事