fc2ブログ

●2016年9月某日/宇連ダム、鳳来湖に沈んだ幻の穴滝

1608uredamtop.jpg
愛知県の山間部にある宇連(うれ)ダムと鳳来湖。
渇水に悩まされる夏場には普段、水の底にあるダム湖に沈んだ滝が姿を現すことがあるという。
しかしここ数年は貯水も順調、灌漑にとっては嬉しい状態が続いていた。
そして2016年夏。8月上旬は70%を越える貯水率を保っていたもの
中頃から少雨が続き貯水率を示すグラフはみるみる低下して行く。
下旬にはついに貯水率10%を割り込み記録的な大渇水となった2013年に匹敵する値まで低下した。
毎日のように宇連ダム貯水率をチェックし続けていたが翌週からは大雨予報。
おそらく貯水率は一気に回復することだろう。
湖底に沈んだ滝を見るのならばこの週末しかないと宇連ダムを訪れた。


※本記事は訪問時のものです。現在の状況は異なっている可能性もあります。

宇連ダム貯水率グラフ1609uretop2.jpg


愛知県新城市の山間部、山々に囲まれた宇連ダム天端に到着。
宇連ダムを訪れるのは初めてではなく10年程前、さらに山中にある廃村と廃校探索を行った際、湖畔道を通過したことがある。その際満々と水をたたえていた鳳来湖とよばれるダム湖は茶褐色の地肌がむき出し、わずかに水が残されているだけの無惨な状態となっていた。本日の貯水率はわずか8%ほど。普段は湖面に浮かんでいるダムフェンスもだらしなく地べたに足れ落ちている。

鳳来湖1608uredam0101.jpg
1608uredam0102.jpg

前回訪れた際の写真が見当たらず満水時のイメージをお伝えできないためダム天端に設置されていた説明看板を撮った[上記]。緑の山中に満水の青い水。まさに理想的なダム写真。



ここから幻の滝を目指しダム湖沿いに上流へと進んで行く。湖岸道は生い茂る木々で視界が悪く肝心のダム湖の様子はほとんど伺うことができず。写真はようやく視界が開けたあたり。奥にそそり立つ奇妙な岩山は女郎岩と呼ばれているもの。ダム湖周辺は鳳来山や乳岩に代表される奇岩が多い。

宇連ダム鳳来湖1608uredam0103.jpg

ダム湖に沈んだ集落や耕作地があったのはこの辺りだと思われる。合成した国土地理院サイトの航空写真はダム完成の10年ほど前のもの。平坦な土地に耕作地の様子を見ることができる。10数年前訪れたダムに沈む直前の岐阜県旧徳山村のように大規模なものではないが、それでもかつてこの場所で人々の生活が営まれていた。

1608uremap.jpg

貯水率が1%を切った2013年大渇水の画像を検索すると、湖底から現れた当時のままの姿を残す木造の橋の姿を見ることができる。しかし今回は水が減ったとはいえ貯水率は10%を割り込んだばかり、ダム堰堤に近い集落や木造橋跡は茶色の水に覆われ沈んだ全容を把握することはできなかった。

宇連ダム鳳来湖渇水1608uredam0105.jpg

[2017年4月追記:下記写真]満水時の風景と比較すべく再び宇連ダムを訪れた。当日の貯水率は98%。雨が続いたことでダム湖は渇水の光景が幻だったように青々と水をたたえていた。

1704uredam02.jpg
宇連ダム渇水1608uredam0104.jpg

釣り人が使う人道を利用し湖底へ接近した。泥に足が沈むことも想定し登山用の装備と長靴も持ち込んでいたが、数ヶ月以上干上がった状態のためか湖底の土は固くしまっており拍子抜けしてしまった。場所によっては草原と化し、荒れた荒野のようだ。鳳来湖は釣り人向けの貸しボート屋もあったようで、朽ちた手こぎボートが数隻打ち上げられていた。この日も干上がった水際を追い求め、遥か湖底へと向かった釣り人の姿を見かけた。

1608uredam0108.jpg
1608uredam0107.jpg

切り株で覆われた湖底。ダム建設においては貯水時の残留物浮遊を防ぐため水没予定地にある建造物は可能な限り撤去される。木々も例外ではなく伐採され切り株だけの姿となってしまった。
それにしても木というものは水につかっても意外に長持ちするものだと妙なことで感心してしまった。ダム完成から58年、湖底に浸かったままだというのに切り株は腐敗することなくその形を残している。今回は見ることができなかった木製の橋も未だに現状を留めているという。以前タウシュベツ橋梁を探し訪れた北海道糠平ダム湖でも干上がった湖底に同じような無数の切り株が残されていたことを思い出した。

1608uredam0109.jpg

広大な荒野を歩き続けるとダム湖に注ぎ込む沢沿いに小さな滝があった。目的のものではないが透明度の高い滝つぼを覗き込むとたえまなく動き回る魚影が見えた。魚にとって大海原のようだったダム湖も今や直径わずか数mたらず。自由を失い閉じ込められた魚の運命は雨次第。
滝の上には見上げるような高さの橋。もちろん普段は水をたたえており、橋脚には満水時の水位を示す痕跡が残されている。
宇連ダムの滝1608uredam0110.jpg
2002uredamd005.jpg
[別日撮影/貯水率35%]
宇連ダムの滝1608uredam0111.jpg

目的の滝はさらに上流、車に引き返すと奥地を目指す。標高が増すに連れ水際はさらに引いて行き、かつての宇連川が削り取った本来の地形、そして泥にまみれた人工物が姿を見せ始めた。

1608uredam0112.jpg

最も目立つのは、旧宇連川に架けられた橋の跡[下記写真]。
石を積み上げ作られた巨大な橋台の跡がダム湖畔道路からよく見える。そして橋から続く廃道となった旧道も明瞭に読み取ることができる。両岸には無数の切り株も見られることから旧宇連川両岸は原生林が広がっていたのだろう。

宇連ダム渇水1608uredam0114.jpg
宇連ダム渇水ドローン空撮2002uredamd004.jpg

長い年月をかけ湖底に積み重なった堆積物は不思議な模様を作り出す。中央を水底から現れた石橋、そして旧道がひたすら伸びている。

1608uredam0113.jpg

気になるのは旧道周囲に転がる巨大な岩石郡。旧道と比べその大きさがわかる。これらの巨岩はダムに沈む以前からこの場所にあったものなのか、それともダム完成後、周囲の岩山から転がっていたものなのだろうか。



この辺りまで遡ると山が迫り湖の幅も狭まって行く。長らく続いたダム湖もあとわずか、目的地も近いはず。何度か車か降り地形図と照合、位置を確認しながら進んで行くと木々の合間からそれらしき岩がちらりと見えた。空きスペースに車を停め踏み跡を辿り下って行くと足下は明瞭な道へと変化する。この道、雑草に覆われているものの明らかに車道。どうやら水没前に使用されていた旧道のようだ。

1608uredam0203.jpg

旧道を下り森を抜け視界が開けた。水を失った宇連川跡はまるで渓谷のようだ。一方森が迫る上流側には曲がりくねった亀裂が走る巨大な岩が宇連川を塞いでいる。普段は湖底に沈むこの岩、予想通りその全容を晒しだしている。この岩の裂け目に目的の「穴滝」があるという。

まずは半年後のダム満水時の穴滝周辺。

1704uredam01.jpg

[2017年4月追記]あまりにも風景の印象が違い場所を探すのに苦労した。穴滝は深い水の底。対岸に滝を形作る岩場がわずかに顔をだしているのがわかる。

そして本日、同一地点の写真。見事に水が干上がり、隠されていた岩の全容が現れた。穴滝のある場所はダム湖内というよりも流れ込む川のバックウォーターのあたりに位置している。

1608uredam0204.jpg
1609ure01.jpg

滑り落ちそうな岩の上から身を乗り出し隙間を覗き込んでみる。轟々と流れ落ちる水音が響き渡るものの滝本体の姿は岩に覆い隠されほとんど見ることができない。
この穴滝、その姿を眺めるためには二重の障害を乗り越える必要がある。ひとつめは鳳来湖の水位。平常時には岩場自体が水面下に沈んでしまう。そのためここ数年、ダム湖の水位をチェックし続けてきた。

宇連ダム鳳来湖穴滝ドローン空撮2002uredamd001.jpg

水位が下がったとしても滝の姿を拝むにはさらに一苦労が必要だ。
穴滝はその名が示すよう長い年月をかけて削られたゴルジュ内の閉塞された空間に存在している。岩が入り組むに複雑な構造故、岩場の上からも下からも視界から覆い隠され、滝を見るには泳いで隙間に入り込む必要がある。「渇水時」に「泳いで到達」という2つの困難な条件が重なるためか幻の滝というネーミングがぴったりだ。



急峻な岩場を下流まで迂回し岩場正面へと到着した。見上げるような岩が複雑に入り組み滝の姿は相変わらず望むことができず。

1608uredam0206.jpg
宇連ダムの穴滝1608uredam0207.jpg

どうにか穴滝の姿が見えないものかと、岩を登ったり、膝まで川に浸かったりと試みてみたものの、上記写真のように入り組んだ岩に阻まれその姿は一向に見ることができない。
気が進まないがやはり入水するしかないか・・・。水着に着替えマリンシューズに履き替える。一眼レフは運べないため久しぶり出動した防水カメラを片手に流れに足をつけた。山から流れ込む水は残暑が続く季節とはいえ非常に冷えきっている。

冷たい水をかき分けしばらく徒歩で進んだものの、岸辺から数mほどで川底は一気に落ち込んだ。渇水中とはいえ水量は豊富、当然足は着かないため泳ぎながら入り組んだ岩場の奥へと進む。

1608uredam0208.jpg

当初細い谷間を泳いで行けば滝に突き当たるのでは?と進んでみたものの予想に反し岩が競り上がり行く手は阻まれた。浮かびながら見渡すと目の前に立ちふさがる一枚岩の水面ぎりぎりにわずかな穴がある。まさかこの穴に入れということか。



奥にどのような空間が待ち受けているのか。頭をぶつけないようギリギリまで水中に体を沈めると、泳ぎながら小さな穴をくぐり抜け岩の内部へと入った。下記写真は抜けた穴を空洞内部より撮ったもの。

1608uredam0209.jpg


目に飛びこんできたのは薄暗い洞窟のような円形の空間。直径は5mほどだろうか。垂直の壁が周囲を囲む空間は底知れぬ青い水で満たされている。
その奥で飛沫をあげ流れ落ちる滝。これが穴滝か。轟々と響く水音と水しぶきが狭い空間に充満している。泳ぎながら穴をくぐり抜け始めて目にすることのできる光景。この瞬間、「穴滝」の意味を初めて理解した。

それにしても泳ぎながらくぐり抜けたこの小さな穴、本日の時点で水面上にわずか30cmほどのスペースしかないため水位があと30cm上昇してしまえば水中に潜る以外、穴滝に到達するすべはない。まさに秘境滝、いや隠れ滝。

1608uredam0212.jpg

まるで「壷」に閉じ込められたのような滝つぼで水の流れに身を任せ浮かんでいたものの、いつまでも泳いでばかりではらちがあかない。垂直どころかオーバーハングの岩が続く壷の中で手がかりはないものかと見渡すと裏手にわずかなスペースがあった。よくすべる丸みの帯びたわずかな岩壁を伝いなんとか穴滝全景を撮ることができた。

宇連ダムの穴滝1608uredam0210.jpg
宇連ダムの穴滝1609ure03.jpg
宇連ダムの穴滝ドローン空撮2002uredamanataki.jpg
宇連ダムの穴滝1608uredam0211.jpg

下流のダム湖が枯れ果てているのが意外に思えるほどの豊富な水量。落下する水は一旦滝つぼに満たされた後、先ほどの小さな穴を通り外部へ排出されている。それにしても底の見えないこの淵、一体どのくらいの深さなのだろう。想像するとなんだか恐ろしい。
残念なのは昔、激安で購入した防水カメラ。苦労して滝に辿り着いたというのに広角が弱くスローシャッターもないためまともな写真を撮ることができず。さらに周囲に大きさを比較するものが存在せず、予想以上に大きかった穴滝の迫力や神秘的な空間の雰囲気も伝えきる事ができなかった。



翌日から雨が続き枯れ果てていた宇連ダム貯水率は一気に回復した。数日後には貯水率50%を越え、幻の滝は再び湖底へと姿を消したに違いない。


追記/2019年宇連ダム大渇水

穴滝などを紹介した記事から3年、
2019年の宇連ダムは2016年をさらに上回る大渇水となった。
年末から小雨が続き宇連ダム貯水率を示すグラフはみるみる低下していく。
そしてついに前回の3%を割り込み、実に34年ぶりという貯水率0%が目前に迫った某日、
急遽宇連ダムを訪れることにした。


前回の大渇水時、まったく人の姿はなかった宇連ダム堰堤へと続く一本道は無数の車で溢れていた。これがここ数年間で急速に進歩した情報発信力の効果なのか。狭い山道で離合を繰り返しダムへ到着した。今回の目的は前回、水位の低下が足りず見つけることができなかったダム湖に沈む木製橋の視認。



堰堤を越えると驚きの光景が広がっていた。訪問当日の宇連ダムは貯水率わずか1%。新緑に包まれる山々の合間に広がっていたはずの鳳来湖は広大な茶褐色の荒野となっていた。混み合う湖畔道を進み視界が開けた箇所で車を停める。木々の合間から覗き込んだ眼下に目的のものあった。前回は見られなかった木製の橋。

鳳来湖の木橋201905uredamu01.jpg

ダム湖から姿を現した木の橋は60年近くも水に使っていたとは思えない姿。前回も書いたが木材という物は意外に水に強く、また長持ちするものだと感心してしまった。泥にまみれた茶褐色の世界には橋渡りに挑戦した人の足跡も見える。この直後から周辺は雨が続き、橋は再び深い水底へと消えて行った。

[了]
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lost2011.blog.fc2.com/tb.php/1070-747f29a8

Utility

プロフィール

hou2san

Author:hou2san
失われ行く空間と生まれ行く空間。交錯する2つの光景を記録する。
※掲載内容は訪問時の状態であり、現在は異なっている場合があります。
なにかあれば下記メールフォームで。↓
場所を教えろよなんてことでもいいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ