fc2ブログ

●2012年4月某日/浄水場跡、診療所跡、役場跡、三つの近代建築を巡る

1012sawanotop.jpg
東海方面に向かう機会があったので三つの近代建築を一挙に訪れた。
かつての浄水場跡、病院跡、役場跡と趣向が違う建物を順に紹介。


photo:Canon eos7d 15-85mm

[旧浄水場跡編]

高速を走り続け浄水場跡に到着。この浄水場、施設の多くは数十年前に閉鎖され現在は使用されていないものが多い。緑に囲まれた広大な敷地内に点在する古びた建物をフェンス越しに見ることができる。今回、建物見学会が開かれると聞き現地を訪れたのだ。受付を済ませ正門から場内へと入る。

浄水場跡1204Waterplant01.jpg

戦前に建設された浄水場は長らく街に水を供給し続けてきたが1970年代に閉鎖。それから40年あまりたった今でも当時の施設がそのままの姿を残している。上記写真は一旦濾過された水を一旦貯蔵する配水池と呼ばれるもの。明治神宮外苑にある聖徳記念絵画館を思わせる細かい意匠が特徴的な外観。



今回の見所はポンプ室。敷地内に点在する各施設を回り、いよいよ内部へ。

浄水場跡1204Waterplant06.jpg
浄水場跡1204Waterplant07.jpg
浄水場跡1204Waterplant05.jpg

周囲のガラス窓から光が射し込み思いのほか明るい室内には、埃をかぶったレトロなポンプが所狭しと残されている。一旦部屋に集められた水は、設置されたポンプによって加圧され市内各所へ送水されていたという。



配管の各所には英文の刻印が刻まれている。ここに限らず戦前に建設された古い発電所や鉱山を見学すると発電機、ボイラーなど最も重要な核心部分はそのほとんどが欧米からの輸入品だと気付かされる。当時の日本にはこのようなものを作り出す技術がまだなかったのだ。

1204Waterplant08.jpg
1204Waterplant011.jpg
1204Waterplant04.jpg


機械以外にも周囲を取り囲む壁面のアーチ窓、各所の彫刻を始めとする細かい装飾も見応えがある場所。
ここに限らず戦前に建築された公共施設は本来の機能以外の部分、特に装飾に非常にこったものが多い。現在では一見地味にも思える浄水施設も、当時は最新鋭の施設として設計者の思い入れも相当のものだったのだに違いない。

浄水場跡1204Waterplant010.jpg
1204Waterplant012.jpg
1204Waterplant03.jpg
1204Waterplant02.jpg


[旧病院編]

続いて訪れたのは旧宿場風の住宅街に立地している白い建物。ここはかつての診療所跡。扉を開け中にはいると常駐している係員の方が暖かい緑茶でもてなしてくれた。

澤野医院跡0000sawano07.jpg
澤野医院跡0000sawano03.jpg
0000sawano08.jpg

建物は和風建築と洋風建築の組み合わせ。まず洋館の居住部分を見学。日差しが差し込むソファーが並ぶ小部屋は眠気を誘われるどこか懐かしい雰囲気。狭い急階段を上った先には豪華な欄間と襖が印象的な和室が残されていた。



続いて1階に戻り病棟側へ。試験管やビーカーが並ぶ薄暗い室内は先程の暖かった居住スペースとは対照的な雰囲気。
係員の話ではここは長らく放置状態となっており再建するだけでも多額の費用が必要だったとのこと。特に床下など普段目につかない箇所の痛みが最も酷かったという。

澤野医院跡0000sawano05.jpg
澤野医院跡0000sawano04.jpg
澤野医院跡0000sawano06.jpg
0000sawano01.jpg

古い建築物を文化遺産として残して欲しいといった声はよく耳にする。確かに廃墟でも是非残したい!と思わせる素晴らしい建築物にも出会うこともある。しかし人の住まない建物は「維持」に最も金がかかるもの。徳に個人所有の古い建物を維持保存していくことの困難さを改めて思い知らされた。


[旧役場編]

続いて山裾にある小さな町を訪れた。到着したのは明治期に建築された古びた木造の役場。

1012sawano10.jpg

現在は資料館として開放されており内部には昔の農機具などが所狭しと展示されている。展示品を眺めていると今度は受付の方からミカンをいただいた。

[了]
スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lost2011.blog.fc2.com/tb.php/1125-1671fa15

Utility

プロフィール

hou2san

Author:hou2san
失われ行く空間と生まれ行く空間。交錯する2つの光景を記録する。
※掲載内容は訪問時の状態であり、現在は異なっている場合があります。
なにかあれば下記メールフォームで。↓
場所を教えろよなんてことでもいいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ