FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

●2013年12月某日/アルプスを望む廃校/明治の廃校

  • 2013/12/18 20:43
  • Category: 廃校

1312naganotop.jpg
この冬一番の冷え込みとなった12月初旬のある日、
空白地帯だった長野県北部の廃校地帯を探索することとなった。
早朝は晴天を予感させる強い冷え込み、しかし気がつくと周囲は深い霧に包まれてしまった。


photo:Canon eos7d 15-85mm


[アルプスを望む廃校]

冬の夜明けは遅い。まだ明けぬ闇の中、走り続けた道はやがて県境の峠へとさしかかる。夜明けが近付くにつれ気温は低下し車載温度計は0度を下回った。試しに車の窓を開けてみると身を切るような冷気が流れ込んでくる。
それでも次第に東の空はしらみはじめ夜は明けた。こんな冷え込んだ朝は間違いなく好天になるだろう。

1312nagano02.jpg

ところが予想に反し周囲は深い霧に覆われ始めた。この後、霧はさらに濃度を増しめ視界はわずか数メートル。どこまで走っても切れる気配がない。盆地にべったりと張り付く朝霧なのだから9時を回れば晴れるだろうと高を括っていたのたものの10時近くになっても続く濃霧にさすがに不安を覚え始めた。



午前11時前。しつこい霧からようやく抜け出すことができた。付近のコンビニ駐車場で今後のルートを検討、冠雪した北アルプスを間近に望む県道12号を北上していく。

山岳集落マニアとしては時折現れる集落もアルプス以上に魅力的。
そんな集落では判で押したかのようにたわわに実り大きく枝をしならせた柿の木が現れる。はるか昔、住人たちが保存食として植えたものだろうか。現在は食用とする人もいないのか多くの柿が路面に落下しているためタイヤが滑らないよう慎重に通過していく。

1312nagano08.jpg


集落をいくつも通過、ようやくのことでひとつ目の目的地、某廃校が近づいて来た。昼が近づくにつれ気温も上昇、早朝の冷え込みが嘘のようにポカポカと暖かくなってきた。陽射しが差し込む車内も12月とは思えない程暑いので窓を全開にして車を走らせる。



汗ばむ晩秋の山道を進んでいくと古びた建物が木の陰から見え始めた。目的地の小学校跡に到着。裏手の急な坂道を車で登り草に覆われた広場へと車を乗り入れた。
対向車も現れないような山間部、しかも廃校、人の気配などないはずだったものの意外なことに校庭跡には一台の白い軽ワゴン車が停められていた。ナンバーを見ると地元車だ。

長野県の廃校木造校舎外観1311naganohai01.jpg

長野県の廃校木造校舎外観1311naganotuika01.jpg


車から降り改めて校舎を見上げる。
美しい木造二階立ての校舎と立派な松の木がそびえ立つこの廃校、立地も見事。地形図を見るとすでに標高は800m近く。山が連なる斜面では建設用の平地もなく尾根を削り取り土地を作ったのだろう。北側以外の東西南は景色が大きく広がる開放的な立地となっている。


1311naganotuika02.jpg
1312nagano09.jpg


校庭からは冠雪した北アルプスを望むことが出来る。
時間の経過と共に太陽の位置も次第に西へと移動し北アルプス方面は逆光状態。



校庭に停めてあった車の持ち主である地元の方に便乗し一緒に中を見学させてもらう。後に続きドアを開け中へ入った。入り口すぐ脇に二階へと昇る木製の階段。

201312nagano002.jpg



使い込まれた階段を登った二階には廊下と並んで教室らしき三つほどの部屋があるようだ。その突き当たりには壁に「としょかん」という札が掲げられた部屋がある。
入って驚いた。図書館内部はひどい荒れっぷり。本棚や引き出しから引っ張り出された書類や本が足の踏み場もなく部屋中に散乱、積み重なっている。一体誰が何の目的でこんなことをしたのだろうか。



それでもわずかに被害?を受けず残された本棚には興味を引く本や雑誌が残されていた。岩波文庫や国語辞典などの定番本から佐藤栄作(60年代の首相)特集の雑誌、小学生向け性教育の本、修学旅行のしおりとバラエティに富んでいる。


1312nagano16.jpg
1312nagano17.jpg
1312nagano18.jpg


このシリーズの本なんかとても懐かしい。2年間の休暇といえば神秘の島、海底二万里と並ぶベルヌの最高傑作のひとつ。実際こんな図書館があれば1日居座って本を読みあさりたいくらい。
さらにこんな異色の冊子まで見つけた。

1312nagano20.jpg


午後の日が射し込む淡いトーンの室内で唯一異様に目立だつ赤いカラー。ベトナム戦争時のアジビラのようなものなのだろうか、表紙には「ベトナム人民はかならず勝利する。アメリカ侵略者はかならず敗北する。」といわゆるゲバ文字とまではいかないがなかなか味のあるフォントで書かれている。

不思議な事にこの冊子が図書室内に大量に散乱している。ページを開くと出版元は「中華国際書店」とあった。さらにその下には大きなフォントで「中華人民共和国にて印刷」と印字されている。それにしても政治的な冊子がなぜ小学校跡に大量に残されているのかは謎だ。当時の教員が小学生を扇動すべく密かに持ち込んでいたのだろうか・・・。


201312nagano003.jpg

1312nagano23.jpg
1312nagano25.jpg


様々なジャンルの興味深い本が散乱する非常に魅力的な図書館だった。さらに多くの本を調べたかったものの、作業をしていた地元の方がそろそろ戻ると言うので一旦廊下にもどり別の教室を足早に探索。



物で溢れていた図書室とは対照的に教室後はガランとし残留物はほとんど残されていない。子供用の机と椅子がいくつか置かれているくらい。何もない教室で壁のテクスチャが目を引いたのでやたらと撮ってしまった。

201312nagano001.jpg

1312nagano27.jpg
1312nagano28.jpg

1312長野県の廃校nagano30.jpg
1312nagano32.jpg



地元の方と別れ再び長野県の深い山々が延々と続く山道をのろのろと進む。
尾根に沿ってカーブが連続する山道を30分ほど走りあたりをつけた地点に到着。見渡すと広場のような平地があるので校庭跡に違いないと車を乗り入れた。


1312nagano34.jpg


しかし奥に見える肝心の校舎らしき建物、廃校にしては妙に新しい。場所を間違えたのかと思いながら車を降り看板を読むとかつての廃校校舎は新たな施設に生まれ変わったとか。解体されたのが割と最近の事だというから落胆は大きい。あと少し早くこの地を訪れていれば・・・。

廃校がないとわかったとたん空腹を感じ校庭跡で昼飯を食べることにした。冷え込んだ朝が嘘のように温かい日だ。ベンチに腰掛けコンビニで買っておいた昼飯を食べているうちにポカポカとした陽射しに眠気を催してしまう。


[明治の廃校]

逆光で輝く紅葉に包まれるダム湖岸。長野では既に冬間近、紅葉も残すところあと数日余りだろう。
その時ダム湖対岸に見えた廃校を思わせる古びた木造建造物。直後、ダム湖を渡る橋が現れた。かなりのスピードで流れる車列、いきなり右折する余裕はあるかとバックミラーを見ると幸い後続トラックとの車間は開いている。対向車もなし。即座に右折を決意、橋へと滑り込んだ。


1312nagano02125.jpg


橋を渡った対岸には旧道と思われる古びた道が続く。しばらく道沿いに進み、適当な脇道に車を乗り入れるもののいずれも見当違いな方角へ向かう道ばかり。目的地から離れていく一方でいつまでたっても辿りつけそうもない。



車での訪問を諦め徒歩で目指す。集落端に車を停め路地を抜け、あぜ道に足を取られながら歩いていくと人道に突き当たった。間違いなく建物へと続く道。斜面に刻み込まれた坂道を登り切ると空間が広がった。その片隅に先ほど見えた木造の建物が残されていた。


1312naganohaiko01.jpg


西日があたる対岸とは対照的に、山の影となったこの場所は冷え込んでいる。見渡すと建物の説明看板が片隅に設置されていることに気がついた。読んでみるとこの建物やはりかつての学校だった。入口付近には「見学する方は割れたガラスに気を付けてね」と張り紙がされており廃校見学も可能のようなので内部を探索。


1312naganohaiko02.jpg
1312nagano02114.jpg
 



古びた階段を上ると教室が三つ。生徒がつくったであろう、等高線をリアルに再現した集落の模型が残されていた。ジオラマにはダム湖が再現されている。後に調べると隣接するダム竣工は1950年代というからそれ以降に作られたものだろう。

それにしてもこの校舎、新聞や雑誌に代表される時代計測可能な残留物は非常に少ないものの、午前中訪れた廃校に比べさらに歴史が古いような気がしてならない。



そんな中、さらに時代を遡るものを発見した。教室の隅の床に転がる額縁。ちらりと見えた肖像画のようなものが気になり覆い被さる新聞紙を広げてみると現れた妙に威厳のあるヒゲの男性、もしやあの明治天皇でのお姿ではないか。


1312nagano02121.jpg


よくよく眺める。明治天皇を中心にした皇族の肖像写真のように見える。
かつて学校に御真影と呼ばれる天皇の写真が厳重にされてれていたのは有名な話。式典時のみ御真影は開かれ、校長による教育勅語の朗読中は生徒達は延々と最敬礼を続けなくてはならなかった。

見つけたものが御真影かどうかではさだかではないものの、神聖な存在であった皇族の肖像が荒れ果てた教室の床に無造作に転がる姿が印象的だった。先ほどの小学校で見つけた痕跡はベトナム戦争だったがさらに時代を遡ってしまうことになった。



案内看板によれば学校が設立されたのは明治のこと。その後、大正3年になって現在の校舎が建設されたという。
建物は今から99年前の建物だった。確かに古さを感じたわけだ。長い歴史を持つ小学校、考えてみれば来年は竣工100年という記念すべき年でもある。その節目の年をわずか1ヶ月後に控えながら校舎は朽ちるに任せひっそりと森の中に建ちつづけていた。

[了]





スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lost2011.blog.fc2.com/tb.php/1188-acca6ae1

Utility

プロフィール

hou2san

Author:hou2san
●なにかあればコチラまで。↓
場所を教えろよなんてことでもいいです。
rh5t-nkym@live.jp

最新記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。