fc2ブログ

●2013年3月某日/旧マッケンジー邸

1302mackenzie19.jpg
戦前に建てられたという古い洋館が公開されているというので訪れてみた。
周辺のイチゴ狩り渋滞に巻き込まれなんとかたどり着いた建物は
海沿いに立つ2階建ての洋館、旧マッケンジー邸。


photo:Canon eos7d 15-85mm

陽光溢れる駿河湾を望む海岸線。そんな抜群の立地に建つのは貿易商社に努めるアメリカ人、マッケンジー夫妻が建てた洋館。その名をとってマッケンジー邸と呼ばる白い壁、オレンジ色の屋根のいくつかの建物の集合体。
設計は有名な建築家ヴォーリズ。彼の設計した建物は滋賀県をでよく見かけた。

1301mackenzie0126.jpg
1301mackenzie051.jpg

驚かされたのはマッケンジー邸の竣工時期。なんと1940年、太平洋戦争開戦までわずか。日米関係に暗雲立ちこめ対米感情が悪化しつつあったこの時期にこのような目立つ豪邸をよく建てることができたものだ。そして1941年真珠湾奇襲。アメリカ人夫婦がこの家に住むことができたのはわずかな時間だったのではないのだろうか。



一階の大食堂壁面にあったモチーフ。シンプルで直線的な形状が妙に気に入ってしまいしばらく眺めていた。

マッケンジー邸1301mackenzie0321.jpg
マッケンジー邸1301mackenzie0221.jpg
マッケンジー邸1301mackenzie0127.jpg

モチーフ脇にはマッケンジー邸建設中のモノクロ写真。海岸線の地形は現在とさほど変わらないが、邸宅周囲に建つ一般民家はすべて茅葺き屋根。そんな場所に作られたこの洋館は当時、圧倒的な存在感を放っていたことだろう。



全体的に薄いブルーやグリーンが多用されている水回り。ともすれば冷たい印象になってしまいそうだが窓から差し込む陽射しのせいか意外に明るい雰囲気だ。この部屋はもちろん浴室やトイレと言った部屋にまで暖房用ラジエーターまで設置されている豪華っぷり。

1302mackenzie03.jpg
1302mackenzie11.jpg


アメリカの豊かさの象徴、冷蔵庫や乾燥機のようなも巨大家電が残された台所、いやキッチンといった方が良いだろう。現在では当たり前の通信販売、アメリカでは戦前から盛んだった。雑誌を見た奥様の電話一本で大型冷蔵庫や乾燥機が即座に自宅に配送されてくる。そんな記録映像を見て驚いたことがある。当時の日本からはとても想像もつかないような世界。

1302mackenzie08.jpg
1302mackenzie01.jpg
1302mackenzie15.jpg

山本五十六が海軍武官として滞米中驚かされたこと。それは街角の喫茶店でコーヒーを頼むと砂糖が入れ放題だったこと。今では当たり前のこのシステム、貧しかった当時の日本では砂糖というものは希少品扱いであった。
アメリカの国力に驚かされた山本は、その力を少しでも削減すべく滞米中、喫茶店での砂糖大量消費に努めたという。そんなエピソードからも伺えるように日米の生活力の差は軍事力の差以上に計り知れないものがあった。



冬の青空に生える白い壁、葉。アメリカというよりどこかスペインを感じてしまう外観。説明を読むと当時流行していたスパニッシュスタイルと呼ばれる様式なのだそうだ。

1302mackenzie12.jpg
マッケンジー1301mackenzie0123.jpg

完成直後に日米開戦となってしまったこの邸宅。マッケンジー夫妻も開戦後アメリカへと帰国したという。他の在留米国人と共におそらく中立国経由の交換船によってアメリカ本国へ強制送還されたのだろう。

ところが戦後、夫妻は再来日し、夫亡き後も1970年代までこの家で余生を過ごしたとあった。この地とこの家を気に入っていたのだろう。どこかほっとさせられるエピソードでもある。

[了]

スポンサーサイト



Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lost2011.blog.fc2.com/tb.php/320-7b19ec38

Utility

プロフィール

hou2san

Author:hou2san
失われ行く空間と生まれ行く空間。交錯する2つの光景を記録する。
※掲載内容は訪問時の状態であり、現在は異なっている場合があります。
なにかあれば下記メールフォームで。↓
場所を教えろよなんてことでもいいです。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

月別アーカイブ