●2014年1月某日/紀伊半島廃校縦断 再挑戦

  • 2014/02/21 22:49
  • Category: 廃校
1401kii03top.jpg
2013年の年末、
紀伊半島廃校探索中に目指した廃村、兵生集落へと続く坂泰林道は雪の中だった。
やむを得ず途中で引き返したものの、あきらめきれず数日後、
年明けとともに兵生集落にあるという廃校目指し再び紀伊半島の山間部を走ることとなった。


[前回の記事]

1301kiitopmap3.jpg

7:15

紀伊半島山中を目指し田舎道をひた走る。
早朝のコンビニ駐車場には改造バイク、ではなく暴走族風に改造されたママチャリが多数並ぶ。遠目にはまるで暴走族のバイクかと見間違うほどに手を加えられもはや原型をとどめない自転車の持ち主はたむろしている中学生のガキ達だろう。そんなのどかな田舎の光景を眺めながら紀伊半島の奥深く、山間部へと入っていく。


1401kii0307.jpg


広大な紀伊半島中央部を川沿いに南下していくと目的地への分岐点が近付いてきた。
国道311号から外れ小さな集落を抜ける。ここから始まるのが坂泰林道。目的地の廃村、兵生集落へは林道の一本道、迷いようがない。むしろ心配なのは積雪や凍結。しかし林道進入を断念した数日前に比べ今日の気温は遙かに高く、さらにここ数日真冬にしては珍しく暖かい日が続いていたこと考えると心配ないはず。



前回Uターンした箇所を通過、さらに奥へ進んだところで気になる看板が現れた。看板には災害によって「坂泰林道通抜不能」と書かれている。ショックを受けたものの、通抜不能ということはある程度までは進めるのではないか。どちらにせよここまで来てしまった以上この先進めるところまで行ってみようと前向きに考え車を発進させた。


坂泰林道1401kii0309.jpg


坂泰林道地図kii01.jpg

311号と735号を隔てる山塊を川に沿って進む坂泰林道。真冬の枯れ果てた光景を予想していたものの意外に緑が多い道。木漏れ日とともに真冬だとは思えない色鮮やかな世界が続く。

古びた道はやがてダートへと変わる。右手には深い谷。路上には落石、そして深い水たまり。水や泥を跳ね上げ車は大きくバウンドをくり返す。ある程度の車高を持つ車なので底をする心配はないが車幅はぎりぎり。渓流に落ち込む緩い路肩の踏み抜きに注意しながら慎重に進んでいく。



次第に深くなる森。かつては対岸にも集落があったのか沿って流れる渓流を渡るいくつかの吊り橋が現れる。しかしその
いずれも朽ち果て渡ることもできない状態となっていた。
低速で30分ほど坂泰林道を走り続けた頃、再び吊り橋が現れた。


1401kii0303.jpg

吊り橋は古びてはいるもののサイズは最も大きいもの。これが目的地である兵生廃村廃校への目印に違いないと車を停める空き地を探す。林道入口から吊り橋まではすれ違いも不可能な狭路が続いていたが、少し進んだ場所に空きスペースがあった。


1401kii0312.jpg
  



さて少し歩き吊り橋へと戻って来た。
この吊り橋、板上にうっすらと車の轍が残されているところをみると車幅が狭い車ならば通行も可能のようだ。見た感じは古めかしい吊り橋ではあるものの意外に頑丈なのかもしれない。


1401kii0313.jpg


渓流に架けられた吊り橋を対岸へ渡るとわずかな平地は一面に落ち葉に覆われていた。葉を踏みしめ森の奥へと進んでいくとかつての集落を予感させる古びた石垣が現れる。改めて周囲を見渡すと森の中には平屋の廃屋が点在していることに気がついた。ここが兵生集落の跡だと思われる。


兵生は自然消滅したわけではなく県主導による集団移転によって廃村となった集落。かつて訪れたトカラ列島においても集団移住によって無人となった島があった。元島民の話ではインフラ整備と人口のバランスが釣り合わなくなったのが原因とのこと。
兵生集落もトカラほどの秘境ではないとは言え、紀伊半島奥深い山中。しかしどのような場所だろうと行政にはインフラ整備の義務がある。わずかな住民のためにインフラ整備を行い続けるのならばいっそ集団移転してほしいという考えなのだろう。山間部や離島を中心に集落の運営が立ち行かなくなるいわゆる「限界集落」が急増する今、今後このような事例は急増していくはず。



1401kii0315.jpg
1401kii0314.jpg
1401kii0316.jpg


兵生分校跡地と刻まれた石碑を横目に苔むした石段を登ると突如森が切れぽっかりと開けた空き地が現れた。ここがかつての分校の校庭跡。

薄暗い森を歩いて来たため妙に明るく、開放感を感じてしまう。
よく見ると地面には無数の獣の足跡が。水たまりが多い校庭跡はいわゆるヌタ場として利用されているのだろう。
またこのような場所にも車の轍が残されている。おそらく軽トラあたりだろうが不安定なあの吊り橋を渡り、深い落ち葉の急坂を登ってきたとは。その機動力に驚かされる。

その向こうに建つ崩れ落ちそうな木造の建物。これが今回の目的地である芦尾小学校兵生分校跡。


兵生分校跡地1401kii0301.jpg
中辺路町立二川小学校兵生分校1401kii0304.jpg


かつての教室跡。床板は存在せず地べたが剥き出しになっている。もちろんこの状態で勉強をしていたわけではなく集団移転後、校舎は牛舎として利用された時期があったとのこと。もちろん牛舎自体も今では放棄されている。
そのため建物内部には残留物といったものはほとんど見当たらず、学校の痕跡と言えば職員室と書かれた表札くらい。唯一気になるのが板壁の前にぽつんと置かれた一台の自転車。


そう、これは懐かしの多段変速自転車。当時誰しも憧れたであろう6段ギア、ダブルフロントライト。ガラパゴス化の走りともいえる独自の進化を遂げた外観や子供心をくすぐる無駄なスペックに心躍らされたのは自分だけではないはず。
しかし音楽、ファッション、どんなものでもブームが大きいほどその終焉も早い。この多段変速自転車もシンプルなママチャリの出現によってあっという間に淘汰され今では当時の少年の記憶に残るだけだ。朝方目撃した自転車暴走族も、ある意味独自の進化を遂げたガラパゴス自転車とも言えるだろう。


1401kii0322.jpg
  



結局、林道入口で表示のあった通行止め箇所は現れず心配していた積雪もなく無事廃村へ到着することができた。

しかしこの廃校を訪れるためにダート区間も多い15キロの林道を往復する必要がある。手間をかける割には残留物も少なく決しておもしろい物件ではない。ただ到着した満足感、達成感だけは妙に大きく感じてしまう。いつ崩れ落ちてもおかしくはない兵生分校はあと何年建ち続けることができるだろうか。

林道をひたすら逆戻りしスタート地点の311号へと戻ってきた。舗装路に入りほっとする。


1301kiitopmap3.jpg


深い山々が続く紀伊半島。川が削り出す急峻な谷が南北に続くため、168号や169号に代表されるよう幹線道路も必然的に南北へと伸び、尾根に阻まれる東西の移動路はわずかな数しか存在しない。しかもそのほとんどが酷道とよばれる悪路である。その中においては311号はまともな部類。



数日前、ほぼ10年ぶりに行った紀伊半島縦断では近年至る所に開通した長大トンネルや高速道路の存在に驚かされたが紀和町と下北山村を繋ぐあたりはまだ狭路が残る。そんな場所でも各所で道路拡張工事が行われ、その都度現れる交互通行の簡易信号が山中に思わぬ渋滞を巻き起こしていた。

1401kii0337.jpg

突如現れたこちらの現場ではトンネル工事が行われていた。違和感あふれる巨大な足場がおもしろい。
これらのトンネルの開通によって奥瀞道路が完成するといずれは秘境下北山へのアクセスも劇的に改善していくのだろうか。


kii022.jpg
そんな311号を熊野に向かい東進していく途中、田舎道の脇に怪しげな建物を見つけた。

下の空き地に車を入れ、坂道を登ると草むらの向こうには平屋の赤い屋根の建物。古びた石碑によればここも廃校となった小学校のようだ。校庭に生い茂る枯れたススキは冬の逆光がよく似合う。

1401kii0338.jpg
1401kii0339.jpg
1401kii0340.jpg


kii03.jpg

14:20
延々と続いてきた深い山々が突如切れると平野が広がりその向こうには輝く熊野灘。久しぶりに文明の香りを感じるコンビニに出会う。思えば早朝、自転車暴走族を見た和歌山のコンビニ以来。店内でパンとコーヒーを買い込み駐車場で遅い昼飯を食べる。

1401kii0343.jpg
1401kii0342.jpg


写真は正確には熊野ではなく少し北上したあたりのリアス式海岸。海岸が玉砂利ではなく砂であるのがその証拠。





紀伊半島の東側の尾鷲市へ再び戻ってきた。
行きの尾鷲通過の際、地図で見て気になっていた土井竹林と呼ばれる竹林を見に行ってみることにした。

手元のツーリングマップルを頼りに到着したのは竹林、ではなく巨大なパチンコ屋。こんなはずではないと何度も確認してもやはりパチンコ屋しか視界に入らない。周囲を見渡してもホームセンター、マクドナルド、回転寿司などの派手な原色看板が立ち並ぶ地方都市の典型的な風景が広がっているだけで竹林は見当たらない。

途方に暮れているとパチンコ屋の警備員が通りがかったため、場所を聞いてみるとこの店の裏山なのだという。本来の入口は遠回りと言うことで親切にもここに車を停めていきなさいとのこと。警備員との会話をパチンコ屋から出てきたばかりの二人組の男が立ち聞きしているのが気になるがとりあえずアクセス方法は解決したのでお礼を言い徒歩で向かうことにした。


kii04.jpg
古い和風建築の横を抜け山道を少し歩くと、やがてシダ植物が繁殖する谷間となりさらにその先にぽっかりと口を開ける隧道が見えた。


1401kii0344.jpg
尾鷲市土井竹林の隧道1401kii0345.jpg

ひんやりと冷たい空気が流れる10mほどの素掘り隧道を抜けた先には別世界が広がっていた。

目に入るのは一面、竹。真下には竹の間から店舗が見えるなど、決して広い空間ではないが「トンネルを抜けるとそこは竹林であった」というあまりにもベタな台詞が思わず頭に浮かぶこのアプローチは魅力だ。


1401kii0346.jpg

この人気のない薄暗い谷間から竹林を見上げているとくぐもった声が隧道内から聞こえてくることに気がついた。
振り向くとこの会話の主は先ほどパチンコ屋で警備員との話を立ち聞きしていた男二人組。
こちら負けずに立ち聞きしてみると「地元にこんな場所があったのかよ」と感嘆しつつ携帯で竹林の写真を撮っている。
どうやら警備員との会話が気になり後を付けてやってきた模様。


1401kii0349.jpg
1401kii0350.jpg
1401kii0351.jpg


静まりかえった竹林から隧道を抜けふもとへと下ると目に飛びこむ喧噪あふれる街並みにいかにも下界に戻った気分にさせられる。

時計を見れば時刻は午後4時過ぎ。この先通過する東名阪道では慢性的な渋滞にUターンラッシュも加わり修羅場になっていることが容易に予想できる。普段ならば渋滞をやりすごそうと裏道を探したりあるいは適当に車中泊でもするのものだが徘徊の疲れかなのかそのどちらも面倒になり空いていた亀山のルートインに泊まってしまった。
翌朝、宿から出ると外は氷が張るほどの冷え込みだった。車中泊しなくてよかった。



今回二回に分け行った紀伊半島徘徊では結果時間もなく寄ることもできなかった地区もまだまだ残るものの、それでも多数の魅力的な場所を見つけることができた。地図上に印を付けておいたそれらの場所、あるいは到達できなかった他の廃校にもこの夏までには必ず再訪するつもりである。


[了]
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lost2011.blog.fc2.com/tb.php/519-b6c614e3

Utility

プロフィール

hou2san

Author:hou2san
●なにかあればコチラまで。↓
場所を教えろよなんてことでもいいです。
rh5t-nkym@live.jp

最新記事

最新コメント