FC2ブログ

●2015年3月某日/冬から春を振り返る

2015年冬から春。
古びたトンネルから最新鋭の実験施設、建設現場まで変わった場所を訪ね歩いた。

photo:Canon eos7d 15-85mm

【岩谷隧道】
本屋で立ち読みをしていると見覚えのある素掘りのトンネル画像が目にとまった。
岩谷隧道と呼ばれる静岡県にあるこのトンネル、昔何度も訪れたことのある素掘りのトンネルだ。懐かしさもあって検索してみるとどうも最近ネットでブレイクしているよう。ネットで盛り上がるとそのうちyahooのトップに掲載され次にテレビが飛びつくのが世の常。さらにそれを知った役所から危険という理由で規制が入るのも世の常。封鎖または作り替えとなるのかもしれぬと訪れておくことにした。
空き地に車を停め歩いて行くとやがて現れた丸い穴。頭が使えそうな入口にもぐり込むと遙か遠くにぼんやりと浮かぶ出口目指し漆黒の隧道内を歩いて行く。手で触れてみるとぼろぼろと崩れる砂岩、口を開ける横穴、昔と何ら変わりはない。

素掘りのトンネル岩谷隧道1501harumatome10.jpg
素掘りのトンネル岩谷隧道1501harumatome12.jpg

以前は軽トラ等地元車がミラーを折りたたみ、あるいは壁にこすりながら通過していた。逃げ場もない隧道内で軽トラと遭遇した場合は横穴に逃げこむ必要があった。今日は幸いなことにやってくる車もなくやがて西日射し込む出口へ辿り着いた。草刈りをしていた老夫婦と話すと最近はテレビの取材も訪れたとか。近辺には多数の素掘り隧道、防空壕跡がまだまだ残されている。

素掘りのトンネル岩谷隧道1501harumatome15.jpg
素掘りのトンネル岩谷隧道1501harumatome16.jpg
素掘りのトンネル岩谷隧道1501harumatome14.jpg



【核融合科学研究所】
プラズマを包み込む世界最大の超伝導大型ヘリカル装置を見たい一心で岐阜県土岐市にある核融合科学研究所の見学を申し込んだ。海水中の重水素をエネルギー源とする核融合実験。自分の頭では難しい理論はさっぱりだがとにかく本体を見たかった。ヘリカル装置は定期点検による運転停止中とのことで建屋内の見学もでき複雑な配管、巨大な装置に圧倒、とても親切丁寧に案内していただいた。

住所:岐阜県土岐市下石町322-6

核融合科学研究所超伝導大型ヘリカル装置1501harumatome07.jpg
核融合科学研究所超伝導大型ヘリカル装置1501harumatome08.jpg
核融合科学研究所超伝導大型ヘリカル装置1501harumatome06.jpg



【旧木沢小学校跡】
長野県飯田市の山中にある割と有名な廃校、旧木沢小学校跡。ここは廃墟ではなく観光化されている。大鹿村へ向かう途中時間もあったのでこれまた久しぶりに立ち寄ってみた。

住所:長野県飯田市南信濃木沢811

旧木沢小学校跡1501harumatome01.jpg
旧木沢小学校跡1501harumatome04.jpg



【建設現場見学〜東京編〜】
恒例の東京建設現場めぐり。東京駅でかりたレンタサイクルで南は晴海から始まり六本木三丁目東地区再開発、赤坂一丁目再開発、渋谷再開発から新宿副都心まで現在進行中の巨大プロジェクト建設現場を走り続ける。国立競技場解体にもぎりぎり間に合った。東京はやはり坂が多い・・・。とはいえ地下鉄、徒歩での移動に比べれば自転車の機動力はやはり高い。
1501harumatome17.jpg

[了]
スポンサーサイト

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://lost2011.blog.fc2.com/tb.php/781-594adfad

Utility

プロフィール

hou2san

Author:hou2san
●なにかあればコチラまで。↓
場所を教えろよなんてことでもいいです。
rh5t-nkym@live.jp

最新記事